プルメリアフェスティバルとは?

プルメリアフェスとは

通常は、全国80社の市場を中心とした卸売販売を行っており、一般のお客様には直売していないのですが、エンドユーザーより栽培相談を兼ねて現地農場の視察要望を受けdるとともに、趣味家の皆様より新種等の紹介や展示即売会の依頼を受け、オープン農場イベントとして第1回を開催しました。初回となった2014年は、地域の担い手の協力を得てクローズドイベントにも関わらず180名の来場者をお迎えして盛大にスタートし、2015年には220名、2016年には100品種2万鉢の作付けにて350名の来場者を数えるまでとなり、展示即売会、栽培管理相談、植替え体験、地域店舗の飲食ブース等、「観る・買う・食べる」で楽しんでいただけるイベントです。

特徴

本イベントの来場者はエンドユーザーだけでなく、市場担当者、量販店バイヤー、専門店、植物園といった関わる全ての方々が同日に来場され、現品の購入や仕入れを行っていただくという、日本では稀なイベント体系をとっています。それにより毎年双方よりいくつかご意見をいただく結果となっており、心苦しい面も感じてはおりますが、魅力あふれ感動を育むプルメリアの楽しさを園芸業界、一般ユーザーが一団となって広めていけるよう、一方的で誠に申し訳ないのですがいま数年、ご理解をいただければと考えています。

概要

2017年は、延べ150品種3万鉢のプルメリアの作付けを予定しているだけでなく、夏場の提案商材をとして、砂漠のバラとして知られるアデニウムや、プルメリアに引けをとらないとても良い香り漂う芳香性熱帯花木(ガーデニア類、イランイラン、バイオリンの木等)、夏場に欠かすことができない「日本一」のハイビスカスなど、南国感漂う植物を多種にわたり展示販売を行う予定となっております。また、例年同様に無料のウエルカムドリンク&フード、地域飲食店による飲食ブースをご用意しております。

プルメリアの管理のポイント

最低気温が20度程度になったら屋外の日当りの良い場所へ。室内でも日当りが良ければOKですが、ダニが付きやすくなるので注意が必要。肥料は開花が終わってから11月頃まで、月に2回程度市販の液肥を与えてください。植替えは9月頃にしておくと開花促進につながります。葉が黄色くなり落ち始めたら水やりを止め室内へ移動し、翌年葉が2〜3枚展開するまでは基本的には水を上げないこと。最低0度で越冬できます!が、24時間、常時0度はムリですから、氷点下に落ちない日当りのある場所が望ましいです。

PAGETOP

インフォメーション

日 時:

2017年5月21日(日曜日)10:00〜15:00

場 所:

有限会社志木フラワー プルメリア農場

埼玉県富士見市水子字石井前3818

駐車場:

さくら記念病院駐車場

【重要:病院への問合せは絶対にしないでください】

※駐車許可証はダッシュボードの見やすい場所に置いてください。

料 金:

入場無料

※下記問合せメールより代表者並びに来場人数をご連絡ください。

内 容:

圃場見学及び販売

栽培管理相談

植替え体験コーナー(セルフ利用。用土は無料にて用意してあります。)

飲食ブース

備 考:

公共交通機関利用の場合は、志木駅より「志21」下南畑行きバスにてさくら記念病院バス停下車。

タクシー利用の場合は柳瀬川駅及びみずほ台駅が最寄り駅となります。詳しくはGooglemap等で確認してください。

PAGETOP

アクセス

※R463 浦和所沢線セブンイレブンの近くです(水子2773-1)

※駐車許可証はダッシュボードの見やすい場所に置いてください

PAGETOP

フォト

過去のプルフェス写真
PAGETOP

イベント開催
について

  • 喫煙の際は必ず喫煙所をご利用下さい。
  • ゴミは必ずゴミ箱に分別して捨ててください。
  • お手荷物はお客様が各自責任を持って管理して下さい。
  • 会場内への危険物及び、法律で禁止されている物の持ち込みは禁止致します。

主催/協力

  • 主催:有限会社志木フラワー
  • 後援:弾丸トラベラーズ[有限会社伊藤園芸/木村園芸/河合園芸/株式会社華金剛/水都園芸/農事組合法人ロイヤルグリーン/有限会社ローズなかしま/有限会社志木フラワー]
  • 協力:JA全能さいたま花植木事務所/JAあさか野志木支店/プルメリアユニバーシティ/カクタス長田/細田園芸/抜井園芸/アトリエ亜樹/有限会社グリーンドリーム/株式会社フジック

Copyright(C) Shiki Flower Co., Ltd. All Rights Reserved.